データの利点

そもそも電子コミックとは

私達人類の歴史は、本と供にありました。 本という概念に限らず、羊皮紙や竹巻紙など、様々な国々の文化次第で色々な在り方があります。 それが口伝ではなく実物の現存という形で情報が蓄積される事で、今日にまで情報が現存する形となっています。 そしてそれは本に限らず、日本の場合は漫画もそれに同じです。 漫画とは、傍目から聞いたらよくて1960年代辺りの手塚治氏の様な有名人が描いてブームが来たと思われがちな印象がありますが、日本ですと「漫画」に限る場合にはその歴史は定かとは言われておらず、諸説次第では江戸時代以前から漫画に類する媒体は存在していたとも言われています。 これは瓦絵巻や滑車絵本師などの類です。 ですが、それ等は全て実物の紙などを用いた媒体です。 そして今回の記事の題材である電子コミックとはそれ等とは一線を画す媒体でもあります。 電子コミックとは、ITの世界、つまり電子上の世界の中に漫画などの画像情報があり、インターネット上の販売サイト内で買い、そして漫画や雑誌を読む事の出来る、現実の本の媒体を必要としない新たなサービスの形になります。

本棚や本がかさばるからという人に人気です

電子コミックとは、パソコンとインターネット環境、そして接続先の電子コミック販売サイトにて買う為の決算方法、例えれば事前のポイント振込みシステムやカード決済などのシステムを用いる資本があれば、誰でも利用できます。 そして、電子コミックとは大半が、そのサイトの中でアカウントを作り、そのアカウントの中に電子コミックの購入した擬似的な電子上の中の本棚が作られる事で、そこに買った本が保存されていきます。 これは「my本棚」などの名称で使われている事が多々あります。 その為、現実の本や本棚は存在せず、それを自室に置く必要も無い為、1人暮らしの1ルームに住んでいる人などがユーザーとして成っていく傾向にあり、1つのメリットにもなっています。 ですが、そのサイトが閉鎖したりした場合には買ってきた本のデータが運営企業側が削除する場合があるので注意が必要です。 現時点ではまだまだ色々なメリットとデメリットの内在から、発展途上にあると言われている電子コミックは、これからのサービスの多様化でどう変節されていくかが注目が集まっています。